Hatena::Groupos0x

FFFF RSSフィード

0xFFのメモです。

2008 April 17th Thursday

Flex3のヘルプ続き

| 12:25 | Flex3のヘルプ続き - FFFF を含むブックマーク はてなブックマーク - Flex3のヘルプ続き - FFFF

こんなの見つけました。

403 error - Forbidden

Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting.

すごく素敵です。

[追記]

2008/04/17に取得した http://ss-o.net/txt/Flex3LangrefUrlList.txt を置いておきます。

wget -i Flex3LangrefUrlList.txt -x

で無駄なくダウンロードできると思います。

あとはHTML Help Workshopをインストールして、 flashhelp2chm-jaのmakehelp-flex3-ja.batを実行すればokです。(Rubyも必要だけど)

(ところで、僕はwgetはmacbookでやってるんだけど、windowsでもwget使えるようにできるみたいです。)

[/追記]

作業メモ

  1. 2008/04/17 12:24 http://code.google.com/p/flashhelp2chm-ja/ のsvnでreadme.txtを見て、download.rb実行中。ちょう時間かかるぽい (うまくいったらURLリスト作ろう
  2. 2008/04/17 13:18 ダウンロード終わったけど、error_urls.logってのが出来ているので、それからURL作成してとりあえず下記のコード(Firebug用)でstatusを調べて404のやつを除外。download.rbはerror_urls.logがあると使ってくれるみたいなので、再度download.rbを実行中。
  3. 2008/04/17 14:48 download.rb完了した後、makehelp-flex3-ja.batを実行してランチいってた。で、戻ってきたら無事flex3langref.chmが完成してた
var urls = [
'http://livedocs.adobe.com/flex/3_jp/langref/mx/controls/advancedDataGridClasses/AdvancedDataGridColumnGroup.html',
//省略
];
var log = [];
setTimeout(function(){
	var url = urls.shift();
	if (!url) {
		copy(log.join('\n'));
		console.log('fin! ' + log.length);
		return;
	}
	var next = arguments.callee;
	var x=new XMLHttpRequest();
	x.onreadystatechange=function() {
		if (x.readyState == 4) {
			log.push(url + ',' + x.status);
			setTimeout(next,1000);
		}
	};
	x.open('GET',url,true);
	x.send(null);
},0);

tanakahisaterutanakahisateru2008/04/17 18:16はじめまして、↑これ書いた者です。もう少しここをウォッチさせてもらって、問題あるトラックバックが出そうになければ、Flex3対応版を0.2で安定させようと思います。もしよかったら、このエントリを「4/17時点でのファイルリスト」としてプロジェクトのWikiから参照させてください。

記事中の説明書きへのリンクですが、自分のメールアドレス文字列をイージーなクローラが拾えてしまう場に置いておくとスパムが怖いので、できれば「svnのtrunkに入っているreadme.txt」のような間接表現に変えていただけるとありがたいです。本文の引用が必要なら、いくらでもコピーしてください(^^
(※ GoogleCodeのsvn以下はページからの直リンしてなくて、WebページのリポジトリブラウザはAjaxなんですね)

長文失礼しました

os0xos0x2008/04/17 19:03>tanakahisateruさん
お世話になってます。

ひとまずreadme.txtへのリンクを外しました。失礼いたしました。
(ただ、元々クロールされないという保証はないように思う(robots.txtもないみたいですし)ので、メールアドレスの記載方法を工夫しておいたほうが良いような気もします。余談ですが、そもそもGmailとGoogleアカウントの関係を考えると…。)

>このエントリを「4/17時点でのファイルリスト」としてプロジェクトのWikiから参照
こんなエントリでよろしければ是非。

tanakahisaterutanakahisateru2008/04/17 22:16>ただ、元々クロールされないという保証はないように思う(robots.txtもないみたいですし)ので

ええ、ダウンロードした人にコンタクト方法を明確に示すために、ある程度はしかたがないかと、完全な防御をあきらめてメールアドレスを書いています。ただ、単にWebページのリンクを辿るような、URLの推測がないレガシなクローラ(スパム業者がメールアドレスの数を集めるためだけに、昔から使っている)に引っかからないだけでも、だいぶ防衛できるんじゃないかと思って。

※ Windowsでwgetするときは、CygwinかMinGWのmingwPORT-wgetにあるコンパイル済みのバイナリがお手軽です。

tanakahisaterutanakahisateru2008/04/18 23:31このURLをWikiから参照させてもらいました。ありがとうございます。
http://code.google.com/p/flashhelp2chm-ja/wiki/UserResourceJapanese
#そうそう、メールアドレスの件は、お手数おかけしました。…と、言い忘れてましたので、改めて。

os0xos0x2008/04/19 01:27tanakahisateruさん、こんばんは。
htmlhelpからwgetなどなど、色々ありがとうございます。
メールアドレスの件は恐縮です。